小学校の先生&保護者の皆様が子供たちに教えるためのScratchプログラミングコースはココだけ!

Scratch スクラッチ プログラミング教育について
この記事は約5分で読めます。

2020年度からの小学校プログラミング教育必修化に伴い、実際に小学生にプログラミングについて
教える小学校の先生も、家庭でお子様のプログラミング教育のサポートを行う保護者の皆様自体が
プログラミングについてあまりご存じない方が多いようです。

ここでは小学校の先生および小学生のお子様の保護者の皆様が、子供たちにプログラミングを
教えるためにご自身がどのようにプログラミングを習得すればよいかを紹介します。

プログラミングにおいては、実際にプログラミングを行うことが重要

文科省の学習指導要領を読むと、2020年度からの小学校プログラミング必修化で行う取り組みとしては、プログラミングという教科が出来るわけではありませんので、主に算数、理科という教科の中でプログラミングを行うことによって、問題が解決する、問題を早く解決出来るということを体験してもらおうとしています。

その学習指導要領の中では、例えば小学校5年生の算数において、正多角形の作図というテーマにおいてプログラミングによって、作図が簡単に行えるといったことを児童に体験してもらうといった授業案が掲げられています。

小学校プログラミング教育でもっとも推奨されているのがScratchというビジュアルプログラミング言語です

そのプログラミングにおいて使用されているのが、よくあるプログラミング言語でははく、
ビジュアルプログラミング言語またはビジュアルプログラミングツールと呼ばれているものの
中で最も有名なScratchです。

Scratchは米国で有名なマサチューセッツ工科大学、通称MITの中にある研究所 MITメディアラボ
で2005年ころ開発されたビジュアルプログラミング言語です。
パソコン上でプログラミングを行う際に、一般的なプログラミング言語を使うのではなく、予めタイルのような形で用意されているブロックを組み合わせてプログラミングが出来るというツールになっています。

パソコンでこのScratchを使う際に、キーボードで何か入力するとしたら、プログラミングの中で使われる数値関係です。この数値を入力する以外は、アルファベットなどは使わなくても済みます。

Scratchは独学でも学べますが、効率的に学ぶにはこれがおススメ!

Scratchは上に記したように、タイルのようなブロックを組みあわせてプログラミングが出来ますので、現在沢山出版されているScratchを用いたプログラミング入門のような本を購入して自学自習により学ぶことも可能です。

しかしながら、日頃学校の授業及びその授業の準備で忙しい小学校の先生や、仕事や家事で忙しい
保護者の方々が本を読み自学自習でScratchを学ぶのも結構労力が必要です。

そこでおススメなのが、お子様に教えるためのScratchを大人が学ぶためのScratchオンラインスクールです。Techacademyという大人向けの様々なプログラミングに関するスクールを運営している会社が、最近新たに1人では続かない方のためのパーソナルメンターがつくScrathプログラミングブートキャンプです。

このScratchプログラミングブートキャンプにおいては、週2回マンツーマンでのメンタリング、チャット・レビューサポートで短期間で子どもに教えるためのプログラミング知識を学びます。Scratchを使って様々なゲームを作りながらプログラミングの概念を理解していきます。

Scrachコースで学べること

このTechacademyのScratchコースでは以下のようなことを学んでいきます。

Scratchを使ってゲームを作成します。

Scratchで動くものとして、具体的にゲームを作ることで
プログラミングの仕組みを理解することができます。

音楽を自動演奏します。

音が自動で再生する仕組みをScratchによって作成します。

シューティングゲームを作成します。

動く敵に弾を撃って倒すシューティングゲームをScratchによって作成します。

だるまさんが転んだを作成します。
Scratchでだるまさんが転んだを作成します。

糸通しゲームを作成します。

Scrathによって、曲線を書いて穴を通過していくゲームを作成します。

Scratchコースでは手厚いサポートがあります。

”Scratchコースで学ぶこと”自体は、テキストを読み、ご自身のパソコンとにらめっこしながら、行っていくことになりますが、当然ながら学ぶ過程において、操作方法とかScrachで作成するプログラミングの中身などについて質問したい場合があると思います。

そこでこのScratchコースは、こういった受講者の疑問等に対応するための挫折しないパーソナルメンター制度というのがあります。このパーソナルメンター制度によって、学習時の「わからない」「続かない」を解消し、挫折をなくします。メンターは現在、仕事としてプログラミングに関わっている技術者ですので、このメンターによるサポートによって、学習が加速することは間違いありません。

具体的にパーソナルメンターが行ってくれること

週2回のマンツーマンメンタリング

パーソナルメンターと週2回、1回30分のビデオチャットで質問をすることが出来ます。
またメンターと受講者によるペアプログラミングなど最適なサポートが受けられます。

毎日のチャットサポート

パーソナルメンターにチャットで質問をすれば、24時間以内に回答が貰える仕組みです。

回数無制限の課題レビュー

プログラムがきちんと書けるようになるまでパーソナルメンターが何度でも
課題レビューを実施します。

是非短期間で小学生・お子様が学ぶScratchを マスターしたいと考える先生・保護者の皆様
このオンラインScratchコースを検討してみたらいかがでしょうか?

お申し込みはコチラ!


タイトルとURLをコピーしました