小学校プログラミング教育必修化で文科省推薦のプログラミングツールScrach(スクラッチ)を紹介します

Scratch スクラッチ プログラミング教育について
この記事は約4分で読めます。

2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化となりますが、実際にどのような授業を行うかは、各学校、各先生に委ねられています。文科省の学習指導要領においては、一応どのような指導、学習を行うかのガイドライン、例などが示されている中で、プログラミング教育向け教材も紹介されています。

その教材の一つがScratch(スクラッチ)というものがあります。以下が紹介されているサイトです。

小学校プログラミング教育に関する研修教材

実際学習指導要領の中の例でもScratchを使用する例が示されています。

ここでは、このように小学校プログラミング教育必修化で最も使用されると考えられる文科省推薦のプログラミングツールScratch(スクラッチ)を紹介していきます。

Scratch(スクラッチ)とは?

Scratch(スクラッチ)は、まさにプログラミング教育で使われることで想像できると思いますが、
プログラミング言語のひとつです。ただし、一般のプログラミング言語は、お聞きになったことがあるかと思いますが、JAVAとかC言語のように、英数字+記号などを用いて作られているのですが、Scratchはそうではありません。

Scratchは、予めブロックのようなものが用意されており、それぞれのブロックには始めからどういう動きをするのかが定められています。そのブロックを組み合わせることによって、図形を作ったり、音を出したり、物を動かしたり、ゲームを作ったり、ロボットを動かしたりすることが出来ます。

Scratchは、いつどこで生まれたの?

Scratchは、米国の東海岸マサチューセッツ州のボストン/ケンブリッジというところにある有名な大学であるマサチューセッツ工科大学 通称MITの中のMITメディアラボという研究所で開発されたツールです。プログラミング言語と書きましたが、言語でなく、上にも記したようにブロックを組み合わせることによってプログラムを作ることが出来るツールです。

Scratchは、2006年に公開されました。元々MITメディアラボにおいては、1980年代から、子供が論理的に考える教育などの研究をしており、それがまさにタイルなどを組み合わせるレゴに似たツールを開発しました。

このツールがScratchの発端となっています。MITメディアラボでは、単にプログラミングということに限定しているわけでなく、4つのPの原則(Projects, Passion, Peers, Play)に基づいて、子供の教育を育む過程を重要視しており、そのための根幹となるツールがScratch(スクラッチ)になります。

Scratchはどうやって使うの?

Scratchは、パソコンやタブレット端末上で使うことが出来ます。スマートホンでは難しいです。
その場合は、いわゆるインターネットにつないでScratchのWebサイトにアクセスして、Scratchを利用するか、アプリが用意されてますので、アプリをダウンロードしてアプリ上でScratchを使うことが出来ます。しかもScratchは全て無料で使うことが出来ます。

Scratchは、ScratchのWebサイト上で自分のアカウントを登録することによって、自分が作ったプログラムを保存することが出来ますし、さらにそのプログラムを公開して、他の人に使って貰うことも出来ます。

Scratchの画面イメージ

以下がScratchの画面イメージです。
Scratch スクラッチ
画面の左側に様々な命令が出来るブロックが用意されています。ブロックは、動き、見た目、音、ペン、制御、調べる、演算、変数 という8つの種類があります。

 

一方、真ん中が左側からマウスでドラッグアンドドロップによってブロックを置く場所です。このブロックを置く場所において、左側からブロックを持ってきて、色々組み合わせることによって、プログラムを組むことが出来ます。

その動作を行う場所が、右側で、ここをステージと言います。このステージ上で、真ん中のブロックを置く場所で組み垂れたプログラムに従って様々な動作を行うことが出来ます。

ScratchのWebサイトは以下になります。

Scratchを動かすサイトと、学ぶサイトを紹介します。

1)Scratch公式サイト

ここで、Scratachのサイトを開くことが出来ます、

公式サイト

2)Scratchのことを学べるサイト

 

日本語でScratchの基本を無料で学ぶことが出来るサイトがあります。

スクラッチを学べるサイト

 

まとめ

小学校プログラミング教育必須化の教材として最も使われると予想されるScratchを紹介しました。Scratchは、なんといっても全て無料で使えますし、沢山ネット上でも情報が掲載されているので、小学校でも当然Scratchが使われるでしょうし、これから急増するだろう民間のプログラミングスクールでも現状ScratchまたはScratchに似たツールを使っているところがほとんどです。

簡単にWebサイトに行って使うことが出来ますので、親御さん自身が色々Scratchをいじっておかれると、今後のお子様の家庭教育でも役立つと思います。

タイトルとURLをコピーしました