三重県名張市で小学校高学年プログラミング教育必修化対応Scratch(スクラッチ)が学べるプログラミングスクールはココ!

三重県名張市 プログラミングスクール 三重県
この記事は約7分で読めます。

小学校プログラミング教育が始まり、プログラム出来ないと今後不利に!

いよいよ、2020年4月から小学校で、プログラミング教育が必修になります。プログラミング教育必修が決まったのは、平成29年、すなわち2017年の新学習指導要領に記載されたことによります。
ちなみに、小学校でのプログラミング教育必修化の次には、2021年4月から、中学校でもプログラミング教育必修化となります。そのあとは、高校でもプログラミング教育が強化され、それと同期して、大学入試センター試験でも”情報”科目が必須となります。今後、プログラミングが出来ないと入試にも不利になります。

インターネットで暗記をすることの必然性が下がった今、Web上にある様々な知識、人を繋げて新しいアイデアを考える能力に注目が集まっています。Google, facebook等が牽引しているように。
そのような能力を高める上で、小さいころからプログラミング教育で腕試ししておくのが意味ありますし、そこで沢山失敗して修正するというサイクルにより思考力が養われます。暗記力よりも思考力が重要視される時代になり、思考力を育む道具としてもプロミングが重要になるのです。

プログラムを教えるのではない?

それでは、小学校プログラミング教育必修化に伴って、プログラミングという教科が国語・算数・理科・社会と同様に出来るのでしょうか?そうではないのです。なんと、新学習指導要領の中で、小学校において、プログラミングを何年生のときに何を学ぶのかというような内容が明確に示されているわけではないのです。

新学習指導要領の中で示されていることとしては、プログラミングを学ぶのではなく、プログラミング的思考力を身に着けるようにすることと言われています。

なぜプログラミング的思考力を身に着けるようにするのかといえば、大きく3つ目的があります。

1)今後ますます活用される”ICT(情報技術)リテラシー”を身に着けること
2)既存の教科との相乗効果を狙うこと。
3)将来のICT技術を担う人材を育成すること。

日本において小学校プログラミング教育必修化を行うきっかけとなったのは、10年くらい前、アメリカのオバマ大統領がプログラミング教育の重要性を唱えたり、諸外国が小学生のころからプログラミング教育に力を入れていることに影響を受けたからでしょう。

では、小学校ではどんなことを教えるのか?

ところが2020年度の小学校プログラミング教育必修化において、明確に新学習指導要領にプログラミング教育の仕方が詳細に示されているわけではありません。実は、学習内容の具体案は個々の市町村の教育委員会や各教育現場で何を教えるかを決めていきます。その際に新学習指導要領自体は参照することになっていますが、学習指導要領自体、具体的にプログラミング教育のやり方が細かく規定されているわけでは無いのです。

たとえば、「小学校プログラミング教育の手引き」では、以下の学習内容が紹介されています。

4年生(音楽) 様々なリズムやパターンを組み合わせた音楽づくりを、プログラミングを通して学習
4年生(社会) 都道府県の特徴を組み合わせて、名称と位置を学習
5年生(算数) プログラミングを通して正多角形の意味を把握し、その理解に基づき正多角形を描く学習
6年生(理科) 身の回りに電気の性質を利用した道具があること等を、プログラミングを通して学習

また「未来の学びコンソーシアム」というコンソーシアムでは小学校低学年での学習も紹介されています。

※未来の学びコンソーシアムとは:

未来の学びコンソーシアムとは文部科学省・総務省・経済産業省が連携して立ち上げた、子どもたちへのプログラミング教育の普及・促進のための活動を行っている組織です。2017年3月の発足以降、協賛企業や全国の教育委員会などの力を集結して、プログラミング教育の質を高めるための様々な取り組みを行っています。

2年生(国語) 主語と述語を組み合わせる学習
3年生(音楽) まとまりのあるリズムやリズムループを作る学習

それでも文部省は推薦しているプログラムツールが、”Scratch”です

では、文科省側でなにもプログラム教育の紹介をしていないかといえば、そうでもありません。

小学校プログラミング教育の手引(第二版)」(平成 30 年 11 月文部科学省公表)のA分類(学習指導要領に例示されている単元等で実施するもの)にあたる指導事例である「正多角形をプログラムを使ってかこう」の指導案及び、本事例を実践するために必要なビジュアル型プログラミング言語スクラッチ( 以下、Scratch )というツールに関する操作方法について説明がされています。

Scratch とは教育向けに無償で提供され、世界各国で使われているビジュアル型プログラミング言語です。子供たちは、画面上に予め準備されている複数の命令ブロックを組み合わせてプログラミングをすることができます。

Scratchはこのような画面です。

Scratch を利用するには、インターネットに接続しながらブラウザにて動作する『オンライン版』とコンピュータにソフトをインストールする『オフライン版』があります。Scratch は、2019 年 1 月にバージョン 3.0 が公表されています。

推薦しているのがScratchでも小学校では学べないかも!?

文科省はプログラムツール、それも具体的にScratchを使用したプログラム教育を推薦しているものの、実際に小学校において使われるのが必須となっているわけではありません。というのは、教える側の先生がScratchについてきちんと理解していないことが考えられます。

さらには、Scratchを小学校の教室で児童が学ぶためには、一人ひとりの児童がパソコンを持っていないといけません。学校によっては、パソコン授業の教室部屋があってその部屋に行けば、勉強できるかもしれませんが、実際そういう学校は多くありません。

一方、それぞれの児童の家庭に、パソコンを持ってきてくださいというのもパソコンが今でも決して安いものではないことを考えると現実的ではありません。

プログラミングの勉強は絶対しておいたほうが良いです!

小学校でプログラミング教育が必修化になるのに、小学校できちんとプログラミングの学習が行われるかわからないといった状況の中で、プログラミングの勉強が今後必ず必要になることは間違いありません

実際に、冒頭でもふれたとおり、2021年からは中学校でプログラミング教育必修化になりますし、さらには2022年以降、高校でもさらにプロミング教育が強化され、大学入試にもプログラミングが加わると言われています。

であれば、小学生のときからプログラミングを学んでおけば、その後、中学・高校・大学入試とずっと役立ち、きっと今後の学力向上につながると思います。非プログラミングは勉強しておくべきです。プログラミングが出来ないと入試にも不利になる時代になりました。

小学校で教えてくれないなら、プログラミングスクールがおすすめ

小学校でScratchなどを使ったプログラム教育が十分受けられないけど、プログラムを学びたいというお子様、またはお子様にプログラムを学ばせたいと考える親御さんが今後増えてくると思います。どこで学べば良いかといえば、民間のプログラミングスクールが良いと思います。

プログラミングスクールのおすすめの理由を記します。

1)きちんとしたカリキュラムと教材がある

すでに書いた通り、小学校のプログラミング教育において、きちんとしたカリキュラムがあるわけではありません。教材も他の教科のように、教科書があるわけではありません。

プログラミングスクールのほうが、きちんとしたカリキュラムを1年とか、半年といった期間の中で毎週1回とか隔週1回といった授業に合わせて組まれており、きちんとした教材も作られています。

2)パソコンがスクールにある場合が多い

スクールにもよりますが、パソコンが教室に用意されている場合が多く、家からパソコンを持って行かなくても授業が受けられる可能性が高いです。

たとえ、家からパソコンを持ってきてほしいという方針のスクールの場合でまだパソコンが家になくて買う必要があるときも、小学校の先生に比べて民間スクールの先生はプログラミング、パソコンの専門家ですから、どのようなパソコンを買えばよいか、相談に乗ってくれると思います。

3)次のステップとして、本格的なプログラミング言語を学びやすい

Scratchを一通りマスターしたお子様の中には、本格的なプログラミング言語を学んでプログラムを作ってゆきたいという人が必ず出てくると思います。その場合、Scratchコースの次のステップで、本格的なプログラミング言語の教室に移ったり、または、どのようなプログラミング言語を学んでいけばよいかアドバイスに乗ってくれる可能性が高いと思います。

三重県名張市のプログラミングスクールでのおすすめはアーテック

がありますが、その中でおすすめなのが、これまで沢山の学校向け教材を作ってきた会社、アーテックが運営しているスクールです。アーテックには大きく分けて2つのコースがあります。

1.パズル×ロボット×プログラミング3つ共学習できる小学校低学年向け教室【自考力キッズ】

1つは、小学校低学年向けに、能力開発系の人気コンテンツとして、・パズル、・ロボット、・プログラミングの3つ全て学べる教室です。

特にプログラミングに関しては、センサーやLED を使った13種類のロボットをプログラミングで制御します。初めてパソコンに触れるお子様でも分かりやすいツールとして、文科省も推薦しているScratchを使用しているのです。

Scratchを使用することによって、自動車を走らせたりLEDを光らせるプログラムを基礎から学びます。授業の最後には自分で作ったオリジナルのロボットやプログラムを発表する機会もあります。

2.国内最大級の小学校高学年向けロボットプログラミング教室【エジソンアカデミー】

学校教材メーカーのアーテックが 長年教育現場で培ったノウハウを活かし開発したロボット教材と、 Scratchをベースにロボット用に改良したプログラミング環境を使い、 オリジナルのカリキュラムでプログラミングを楽しく学べるスクールです。

ここでは、以下は、アーテックのエジソンアカデミーを紹介したいと思います。

アーテックのエジソンアカデミーをおすすめする理由

1)プログラミングだけでなく、ロボットも学ぶことが出来ます。

小学校のお子様にとっては、いきなり プログラミング言語ツールScratchといってもなじめない人もいるかもしれません。一方、ロボットの興味を持っているお子様も多いと思います。アーテックのエジソンアカデミーでは、プログラミングだけでなく、プログラムによってどんなことが出来るのかのとても分かりやすい事例としてロボットを制御できるので、楽しく、興味深くプログラム及びロボットの動きをまなぶことが出来ます。

2)カリキュラムがしっかりしています

アーテックは、長年の教材作成のノウハウ・経験で培ったとても分かりやすいテキストが用意されています。

3)全国45都道府県 900箇所に教室があります。

アーテックのエジソンアカデミーは、全国45都道府県 900箇所に教室がありますので、さまざまな改善要望、提案が全国から集まり、それに基づいてカリキュラムの進歩向上を図っています。

まずは無料体験教室に行ってみてください

アーテック エジソンアカデミーは、随時体験教室を実施していますので、まずは三重県名張市にある教室にお問い合わせてみてください。体験教室に参加したら必ず入会しなければならないのかと心配する方もいるかもしれませんが、体験教室で他のお子様が学んでいる姿も見ていただいて、エジソンアカデミーの教育システムにを知って、入るか決めていただくのが良いと思います。

保護者の方には、プログラミング教室がどのようなものなのか、自分のお子様でもできるものなのかを不安に思っている方も多数いらっしゃいます。体験教室に参加していただければ、どんなお子さんでも楽しく学べるということを理解していただけますので、お気軽に体験教室へ参加してみませんか?

体験コース申し込みはこちら

アーテック エジソンアカデミーの体験対象者はこちらです

小学生(主に高学年)のお子様をお持ちの保護者の方
プログラミングを学ばせたい保護者の方
プログラミングを学びたいお子様
ロボットにもプログラミングにも興味があるお子様

などご参加してみたらいかがでしょうか?

すでに記した通り、体験教室に参加したからといって、必ず入会しなければいけないことはありませんので、安心してご参加いただき、親御さんの目、及びお子様の興味具合で参加する・しないを決めていただければよいと思います。

体験コース申し込みはこちら



三重県名張市のアークテックエジソンアカデミーのプログラミングスクールはここです。


パソコン教室かるん  鈴鹿ハンター教室

住所 三重県鈴鹿市算所2丁目5-1

 

タイトルとURLをコピーしました