宮城県加美郡色麻町で小学校必修となったプログラミングと英語が同時に学べるスクールはココ!

宮城県
この記事は約10分で読めます。

小学校プログラミング教育が始まり、プログラム出来ないと今後不利に!

いよいよ、2020年4月から小学校で、プログラミング教育が必修になりました。プログラミング教育必修が決まったのは、平成29年、すなわち2017年の新学習指導要領に記載されたことによります。
ちなみに、小学校でのプログラミング教育必修化の次には、2021年4月から、中学校でもプログラミング教育必修化となります。そのあとは、高校でもプログラミング教育が強化され、それと同期して、大学入試センター試験でも”情報”科目が必須となります。今後、プログラミングが出来ないと入試にも不利になります。

インターネットで暗記をすることの必然性が下がった今、Web上にある様々な知識、人を繋げて新しいアイデアを考える能力に注目が集まっています。
そのような能力を高める上で、小さいころからプログラミング教育で腕試ししておくのが意味ありますし、そこで沢山失敗して修正するというサイクルにより思考力が養われます。暗記力よりも思考力が重要視される時代になり、思考力を育む道具としてもプロミングが重要になるのです。

プログラムを教えるのではない?

それでは、小学校プログラミング教育必修化に伴って、プログラミングという教科が国語・算数・理科・社会と同様に出来るのでしょうか?そうではないのです。なんと、新学習指導要領の中で、小学校において、プログラミングを何年生のときに何を学ぶのかというような内容が明確に示されているわけではないのです。

新学習指導要領の中で示されていることとしては、プログラミングを学ぶのではなく、プログラミング的思考力を身に着けるようにすることと言われています。

なぜプログラミング的思考力を身に着けるようにするのかといえば、大きく3つ目的があります。

1)今後ますます活用される”ICT(情報技術)リテラシー”を身に着けること
2)既存の教科との相乗効果を狙うこと。
3)将来のICT技術を担う人材を育成すること。

日本において小学校プログラミング教育必修化を行うきっかけとなったのは、10年くらい前、アメリカのオバマ大統領がプログラミング教育の重要性を唱えたり、諸外国が小学生のころからプログラミング教育に力を入れていることに影響を受けたからでしょう。

では、小学校ではどんなことを教えるのか?

ところが2020年度の小学校プログラミング教育必修化において、明確に新学習指導要領にプログラミング教育の仕方が詳細に示されているわけではありません。実は、学習内容の具体案は個々の市町村の教育委員会や各教育現場で何を教えるかを決めていきます。その際に新学習指導要領自体は参照することになっていますが、学習指導要領自体、具体的にプログラミング教育のやり方が細かく規定されているわけでは無いのです。

たとえば、「小学校プログラミング教育の手引き」では、以下の学習内容が紹介されています。

4年生(音楽) 様々なリズムやパターンを組み合わせた音楽づくりを、プログラミングを通して学習
4年生(社会) 都道府県の特徴を組み合わせて、名称と位置を学習
5年生(算数) プログラミングを通して正多角形の意味を把握し、その理解に基づき正多角形を描く学習
6年生(理科) 身の回りに電気の性質を利用した道具があること等を、プログラミングを通して学習

また「未来の学びコンソーシアム」というコンソーシアムでは小学校低学年での学習も紹介されています。

※未来の学びコンソーシアムとは:

未来の学びコンソーシアムとは文部科学省・総務省・経済産業省が連携して立ち上げた、子どもたちへのプログラミング教育の普及・促進のための活動を行っている組織です。2017年3月の発足以降、協賛企業や全国の教育委員会などの力を集結して、プログラミング教育の質を高めるための様々な取り組みを行っています。

2年生(国語) 主語と述語を組み合わせる学習
3年生(音楽) まとまりのあるリズムやリズムループを作る学習

文科省は”Scratch”を始めとしたビジュアルプログラミングツールを推薦しています

では、文科省側でなにもプログラム教育の紹介をしていないかといえば、そうでもありません。

小学校プログラミング教育の手引(第二版)」(平成 30 年 11 月文部科学省公表)のA分類(学習指導要領に例示されている単元等で実施するもの)にあたる指導事例である「正多角形をプログラムを使ってかこう」の指導案及び、本事例を実践するために必要なビジュアル型プログラミング言語スクラッチ( 以下、Scratch )というツールに関する操作方法について説明がされています。

Scratch とは教育向けに無償で提供され、世界各国で使われているビジュアル型プログラミング言語です。子供たちは、画面上に予め準備されている複数の命令ブロックを組み合わせてプログラミングをすることができます。

Scratchはこのような画面です。

Scratch を利用するには、インターネットに接続しながらブラウザにて動作する『オンライン版』とコンピュータにソフトをインストールする『オフライン版』があります。Scratch は、2019 年 1 月にバージョン 3.0 が公表されています。

実際に小学校でプログラミングが学べるかは?です

文科省はScratch等のビジュアルプログラミングツールを使用したプログラム教育を推薦しているものの、実際に小学校において使われるのが必須となっているわけではありません。というのは、教える側の先生がScratchについてきちんと理解していないことが考えられます。

さらには、Scratchなどのビジュアルプログラミングツールを小学校の教室で児童が学ぶためには、一人ひとりの児童がパソコンやタブレット端末を持っていないといけません。学校によっては、パソコン授業の教室部屋があってその部屋に行けば、勉強できるかもしれませんが、実際そういう学校は多くありません。

一方、それぞれの児童の家庭に、パソコンやタブレット端末を持ってきてくださいというのもそれらの機器が今でも決して安いものではないことを考えると現実的ではありません。

さらに小学校で英語も必修化になります

2020年度からは、小学校プログラミング教育必修化に加えて、なんと英語も必修化になりました。全学年ではなく、小学校3年生から6年生で必修になります。正式名は”外国語”になります。実はいきなり2020年度から英語の授業が始まるのではなく、いわゆる移行措置として、2018年度から小学校3年生から6年生で英語の授業が始まっていました。

正確に言えば、小学校3,4年生は、”外国度活動”という名前で、小学校5,6年生は”外国語”という教科として英語の勉強をすることになります。先生も担任の先生だけで行うのではなく、3,4年生の場合は、外国語指導助手と一緒に授業を行い、5,6年生の場合は、英語専科の先生と一緒に指導することになります。

具体的な授業内容としては、小学校3,4年生は聞くこと、話すことが中心、小学校5,6年生になるとそれに加えて、読むこと、書くことが加わります。授業時間と教科書ですが、小学校3,4年生は年間35時間なので、ほぼ1週間に1時間ということになります。本格的な教科書の代わりに、文科省作成の”Let’s Try!”という教材を用います。
一方、小学校5,6年生は年間70時間ということで週に2時間になります。教科書も用います。

それでは小学校の授業だけでプログラミング、英語それぞれマスターできるのか?

ここまで2020年度からのプログラミング教育と英語について説明してきましたが、実際のところ小学校の授業だけでプログラミング教育と英語が身に付くのでしょうか?とてもそうは思えません。

なぜならプログラミング教育も英語も授業の絶対時間が足りなくて、この授業時間だけできちんと学ぶことは難しいかと思います。それではどうやって、2020年度からの小学校プログラミング教育、英語教育必修に伴ってお子様がプログラミング、英語をマスターできるでしょうか?

一つの手段として民間のプログラミング教育、英語教育を教えるスクールに行くという案が考えられます。現在世の中では小学生向けプログラミングスクールはかなり増えてきました。そして小学生向け英語スクールも昔から沢山あります。スクールは見つけることが出来ると思います。

ただし今現在も、小学生は学校の授業が終わった後、普通の塾とか、水泳教室とか、音楽教室とか習い事で時間がアップアップになっているのが実情であり、今通っている塾や教室に加えて、プログラミング教室および英語教室にも行くのはかなり時間的に厳しいと思います。

そうした中で小学生向けプログラミングと英語を一緒に学べるスクールを見つけました。

宮城県加美郡色麻町で小学生がプログラミングと英語を同時に学べるスクールはD-SCHOOL オンライン

宮城県加美郡色麻町で小学生がプログラミングと英語を同時に学べるスクールはD-SCHOOLオンライン 英語&プログラミングコースです。名前の通り、オンラインですからインターネットを用いてパソコンを用いてお家で学習することが出来ます。具体的にD-SCHOOLオンライン英語&プログラミングコースの紹介をします。

1.D-SCHOOLオンライン 英語&プログラミングコースの概要

D-SCHOOL オンライン 英語&プログラミングコースは、英語とプログラミングの両方を駆使しながら、自分だけのオリジナルロールプレーイングゲームを作っていくコースです。

2.コースで学べる英語の内容

以下のようなことを学ぶことが出来ます。

1)基本的な表現を使った英語コミュニケーション力を学べます

2)英語を使ってロールプレーイングゲームを作っていくというアウトプット行為を通じて、実践力を身に付け、達成感も味わうことが出来ます。

3)遊び感覚で英語に触れられますので、英語に対する拒絶反応が少なく、楽しく英語を学ぶことが出来ます。

4)中で扱っている英単語や英文は、中学校の教科書や留学の時の指標となる試験であるTOEFL Primaryに準拠しています。

5)毎日の学習で、単語・文法・聞き取り・発音・書き取りを学んでいきますので、いわゆるコミュニケーションの4要素である、”読む” ”書く” ”聞く” ”話す”を学ぶことが出来ます

3.コースで学べるプログラミングの内容

1)小学校プログミング必修化に対応したプログラミングの基礎力を学ぶことが出来ます

2)プログラミングを実践することによって、論理的思考力が身に付きます。またトライ&エラーを繰り返すことによって、問題解決能力を身に付けることが出来ます。

3)オリジナルのロールプレーイングゲームを作ることによって、創造力、発想力が身に付きます。

4)パソコンを使って学習するので、今後ますます広まるIT社会において必要なデジタル活用の仕組みを学ぶことが出来ます。

5)プログラミングによって、ゲームが作れたという達成感を味わうことが出来ます。

4.D-SCHOOLオンラインにおける3つのステップ

1)毎月新たなミッションが届きます

毎月違ったテーマのミッション=ゲームを完成するというのが学習内容になります。毎月お子様オリジナルのロールプレーイングゲームを作ることが出来ます。

2)楽しく学べます

毎月のミッションは内容が工夫されており、お子様が楽しみながら英語もプログラミングも学ぶことが出来ます。

3)ゲーム完成で達成感を味わえます

オリジナルのロールプレーイングゲームが作れたという達成感を味わうことが出来ます

5.期間と学習時間目安と対象年齢

期間は12か月になります。

1か月の学習時間は1日英語30分ゲームをプログラミングによって制作する時間として60~90分を目安にしています。小学校3年生以上が推奨になります。

6.教材はオリジナルで動画とテキストの両方があります。

毎月1回 その月のミッション=ゲームのためのプログラミングを解説した動画と、そのミッションのための英語学習ページが公開されます。Webサイトで見ることが出来ます。

さらに紙のミッションガイドが郵送されてきます。これら教材を使って毎月の課題であるゲーム作りを楽しんでいきましょう。

7.わからないことがあれば講師に質問することが出来ます

わからないことがあれば講師にメールで質問することが出来ます。またロールプレーイングゲーム作成したプログラムを講師に提出して評価してもらうことも出来ます。

8.2週間の無料トライアルがあります

4日の無料トライアルがありますので、まずはトライアルした上で、実際にスクールに参加するかを決めるのが良いかと思います。無料トライアル申し込み案内があるD-SCHOOLオンラインの公式サイトはこちらです。

無料トライアル申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました