小学校プログラミング教育向け全国20以上のプログラミングスクールを紹介します

この記事は約18分で読めます。

2020年度から小学校プログラミング教育必修化に伴い、小学校でのプログラミング教育の授業内容は学校・先生に委ねられているので、かなり混乱することが予想されます。

かつ、1年間に小学生が小学校で学ぶプログラミングに関する授業時間もそれ自体きちんと決まっているわけではありませんが、せいぜい年間で10時間程度であり、この時間でプログラミングに関する知識、技術が身につくとはとても思えません。

一方、プログラミング教育必修化は小学校だけにとどまりません。2021年度からは中学校でプログラミング教育が必修となり、2022年度からは高校でプログラミング教育が必修になることが決まっています。さらに2024年度からは、大学入学共通テストにおいてプログラミングを含む”情報Ⅰ”が入試科目に導入する検討が行われています

この流れを考えると、今後プログラミング教育が、”将来進学や就職でも役立つ”という認識が徐々に浸透してくると考えれます。プログラミング教育を小学生のときからきちんと学ぶことは必ず役立つでしょう。逆にプログラミングを勉強しないと将来の進学・就職に不利になることも考えられます。

小学校でのプログラミング教育がこのままだと非常に中途半端になることが考えられますので、民間のプログラミング教室、スクールに通うことも考えてみると良いと思います。

ここでは小学校プログラミング必修に対応した小学生向けScratch(スクラッチ)が学べるプログラミングスクールを出来る限り紹介します。無料体験出来るスクールも多いので、もしお時間があれば、いくつかのスクールの体験教室にお子様と共にいって、一番マッチするスクールを選ぶのが良いと思います。それでは、これから沢山のプログラミングスクールを順不同に紹介していきます。

アーテックエジソンアカデミー ロボットプログラミング教室

アーテックとは長年小学校などの教材を作っている会社で、このアーテックがまずロボットとプログラミングを組み合わせた教材を世の中に出しており、それが文科省、経産省、総務省共同運営の
小学校を中心としたプログラミング教育ポータル”の中の推薦教材になっています。

その推薦教材を用いたプログラミングスクールが、アーテックエジソンアカデミー ロボットプログラミング教室です。教室数は全国45都道府県で合計約950校であり、小学生向けプログラミング教室の数としては最大を誇ります。

カリキュラムも良く練られており、通常2年間、さらに学びたいお子様はもう1年と、合計3年に渡るカリキュラムになっています。

アーテックエジソンアカデミーの良い点は、プログラミングとロボットが同時に学べることでしょう。かつロボットコンテストなどにも力を入れており、スクールでプログラミング、ロボットを勉強した上で、コンテストでも頑張れる環境ということでお子様の意欲を引き立たせることが出来ます。

場所とスクール数:全国に約900か所以上のスクールがあります。
授業料:月9,000円~12,000円(個々の教室によって授業料金は異なります)
無料体験:各スクールで実施しています。以下をアクセスしてください。

エジソンアカデミー案内、無料体験教室はコチラ!

Crefus



ロボット製作を通じ子供たちの好奇心を喚起させ、 高度な理数系の知識を楽しみながら学び
習得できる科学教育カリキュラムの 構築と実践を目的としています。

非常に伝統のあるスクールです。なんと設立は2003年で、それ以来ロボット製作・プログラミング
の教育を行ってきています。単なる知識詰込みではなく、STEM教育を中心にして、いわゆるアクティブラーニングを取り入れた授業を行っています。

既に1万人以上の修了生がいます。世界最大級のロボット競技会 FLL(ファースト レゴ リーグ)にも日本代表として子供たちを選手として送っている実績があります。すなわちCrefusはロボット検定での認定校としての実績もあります。

Crefusは北は北海道から南は沖縄まで100以上の教室があります。カリキュラムは幼稚園年長のKicksジュニアエリートという主にレゴを使って試行錯誤を繰り返してものづくり、考え方を学んでいくクラスからスタートし、小学生クラスではロボットキットを用いてロボットの動作をプログラミングによって実現していきます。さらに高校生までのカリキュラムがあります。

無料体験授業も行っていますので、公式サイトから申し込まれてみたらいかがでしょうか?

場所とスクール数:全国約130教室あります。
コースと授業料の案内:
・Kicksジュニアエリート(幼稚園年長~小学校2年生):12,100円
・Crefusコース(小学校3年生):14,300円~
・教材費:1,100円、維持費:1,100円
無料体験:実施しています。以下をアクセスしてください。

Crefus 案内、無料体験コースはコチラ!

LITALICOワンダー

LITALICOワンダーは 障害者向けの福祉の会社LITLICOが運営しているプログラミング教室です。 現在LITALICOワンダーは、東京、神奈川を中心に約15の教室があり、レゴを使ったロボットクリエイト教室、Scratchを使ったゲーム&プログラミング教室を含め4つのコースがあります。

ロボット、プログラミングに興味があるお子様にとって、とても役に立つ教室ですが、何より、2020年4月からの小学校プログラミング教育必修化において、小学校での教育を補うことが出来ますね。

4つのコースのうち特にお勧めなのが、小学校プログラミング教育必修化において、文科省も推薦しているビジュアルプログラミング言語Scratchを学べるゲーム&アプリプログラミングコースになります。

無料体験レッスンを行っていますので、まずは無料体験レッスンをお子様と一緒に受講、見学して、カリキュラムや雰囲気をご自身で確かめたうえで参加するかを決められたらいかがでしょうか?

場所とスクール数:東京都、神奈川県に約15のスクール
コースの案内:
・ゲーム&アプリプログラミングコース
・ロボットクリエイトコース
・ロボットテクニカルコース
・デジタルファブリケーションコース
・ゲーム&アプリエキスパートコース
授業料:月額12,000円~
別途入学金15,000円、教材費 月1,000円、教室運営費 月2,000円かかります。
無料体験:実施しています。以下をアクセスしてください。
LITALICOワンダー案内と無料体験コースはコチラ!

ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室

ヒューマンアカデミーのこどもプログラミング教室は、小学校のプログラム必修化に伴って
さまざまなプログラミング教室が増えている中で、3つの特長があります。

1)児童教育の歴史と実績を活かして生まれています。
元々国内で最も人気の高いロボット教室を運営しており、さらにはサイエンスゲーツとかラン ゲージスクールといったスクールでのノウハウを生かしたプログラミング教室を運営しています。

2)手を使いながら考えるを徹底したカリキュラム
お子様に実際に手を動かして考えながら学んでもらうことを心がけています。

3)楽しく学べるために作られたオリジナル教材                       コースとしては、ベーシックコース、ミドルコース、アドバンスコースがあります。

教室は全国に300校以上あります。体験授業も行っていますので、まずは体験授業に行かれてみてください。

場所とスクール数:全国に200教室以上あります。
授業料:月9,900円 入学金・教材費などが別途必要になります。

無料体験:実施しています。以下をアクセスしてください。

ヒューマンアカデミー無料体験コースはコチラ!

Tech Kids School

Tech kids Schoolは、株式会社 CA Tech Kidsというところが運営しているプログラミングスクールです。親会社はサイバーエージェントという大手IT企業です。全体で3年間のカリキュラムになっていて、じっくりプログラミングを学んでいきます。

Tech Kids School の場合は、Scratchという有名なビジュアルプログラミングツールではなく、
QUREOというオリジナル教材でビジュアルプログラミングから学んでいきます

2年目~3年目は、スマートフォンのアプリ開発コースか3Dゲーム開発コースのいずれかを選択することが出来ます。

場所とスクール数:東京に渋谷校、秋葉原校、二子玉川校があり、               さらに大阪梅田校、沖縄校があります。
コースの案内:
・プログラミング基礎コース(ビジュアルプログラミング)
・iPhoneアプリ開発コース(Swift)
・Unityプログラミングコース(C#)
授業料:月19,000円+教材費2,000円 入会金無料
無料体験コース:渋谷校で実施しています。体験コース及びスクール案内は以下をアクセスしてください。
Tech Kids School【テックキッズスクール】案内、無料体験コースはコチラ!

Tech Kids School 案内、無料体験コースはコチラ!

D-SCHOOL

D-SCHOOLは小中学生向け英語&プログラミングスクールです。プログラミングを通して、自分でゲームを作ったり、ロボットを作ったり、建物を作ったりすることでモノづくりを学んでいく教室です。以下の各コースに対して、とても親切で分かりやすい解説動画を用意してあります。

場所とスクール数:北海道~九州まで全国に約80教室あります。オンラインコースもあります。
コースの案内:
・ゲーム&アプリコース
・ロボットプログラミングコース
・マイクラッチコース
・マイクラッチJrコース
・オンラインコース
授業料:オンラインコース以外は、月9,800円。オンラインコースは月3,980円
無料体験コース:実施しています。オンラインコースも2週間無料体験ができます。
以下をアクセスしてください。

実スクールの案内はこちらをアクセスしてください。

D-SCHOOL 案内、無料体験コースはコチラ!

オンラインコースの案内はこちらをアクセスしてください。

D-SCHOOLオンライン案内、無料体験コースはコチラ!

D-SCHOOLオンライン 案内、無料体験コースはコチラ!

プログラミング&STEM教育スクール STEMON

STEMONは名前の通り、単なるプログラミングだけでなく、STEM教育 すなわち Science, Technology 、Engineering, Mathmaticsという主に理数教育に力を入れているスクールです。

STEMONは、世界の様々な教材メーカから選択して、教材を輸入して使用するとともに、最も小学校プログラミング教育で使用されると考えられるScratchの開発にも携わった石原正雄氏が開発責任者としてオリジナルカリキュラムを開発して授業を行っています。公教育実績もあります。

場所とスクール数:関東に約50教室と一番多く、後は、北海道1教室、東北2教室、中部3教室、
関西6教室、四国2教室、九州・沖縄4教室あります。
コースの案内:
1)STEM教育ベーシッククラス
小学校1年生を対象として、理科・算数・プログラミングを総合的に学んでいきます。
2)STEM教育アドバンスクラス
小学校2年以上が対象となり、理科・算数・プログラミングの
発展的課題に取り組んでいきます。
3)プログラミン&ロボティックコース
プログラミングに特化し、プログラミングによってロボットを制御したり、
オリジナルゲームを作ったりします。
授業料:月9,800円~
無料体験コース;実施しています。以下をアクセスしてください。

STEMON 案内、無料体験コースはコチラ!

KID’Sプログラミングラボ

 

KID’Sプログラミングラボは難易度に合わせて5つのコースを設けたスクールです。初級コースはビジュアルプログラミング言語(ツール)であるScratchを用いますが、中級コースではスクリプト言語を学習し、さらに上級コースでは本格的な言語であるUnity他の言語を学習するような体系だった学習が特徴です。

場所とスクール数:全国に約15か所のスクールがあります。
コースの案内:
プライマリーコース(小学校1年生~3年生)
ベーシックコース(小学校3年生~6年生)
プレミドルコース(小学校4年生~中学生)
ミドルコース(小学校5年生~中学生)
アドバンスコース(中学生~高校生)
授業料:教室によって異なります。
無料体験コース:実施しています。以下をアクセスしてください。

KID’S プログラミングラボ 案内、無料体験コースはコチラ!

もののしくみ研究室/しくみKids

ものの仕組み研究室 と しくみKidsはどちらも学習雑誌で有名な学研が運営しているプログラミング講座です。

1、ものの仕組み研究室は、
小学校3年生以上を対象としたロボットプログラミング講座で、自動ドアや信号機など、生活の中にあるプログラムで制御されたものの仕組みを学んで作っていく講座です。

講座として5つの特長があります。
1)知る:テーマの背景や知識、歴史を学習します。
2)つくる:創造力を育むため、様々な形のロボットをブロックで組み立てます。
3)動かす:ビジュアルプログラミングScratchでプログラムを学んでいきます。
4)試行錯誤:ロボットが思い通りに動かなかったときに自ら多角的に問題を分析します。
5)深める:様々な企業のインタビュー記事が紹介されています。

2.しくみKidsとは
小学校低学年を対象としたロボットプログラミング講座です。

場所とスクール数:学研教室・塾・パソコン教室など全国に約800教室あります。
授業料:教室によって異なります。
クラス人数:8名まで
無料体験コース:実施しています。以下をアクセスしてください。

ものの仕組み研究室 と しくみKids 案内、無料体験コースはコチラ!

プロスタキッズ

”すべてのヒトに創るチカラを”という経営理念に基づいて、行われているプログラミング
スクールです。

コースとして大きく2つあります。

1)メイクコードコース
2)Scratchコース

全国に約30のスクールがあります。

無料体験教室:実施しています。

詳細は以下をご覧ください。

プロスタキッズ 案内、無料体験コースはコチラ!

 

Coderdojo Japan

子供たちのプログラミング道場をキャッチフレーズに、7歳~17歳、すなわち小学生から高校生までを対象にしたプログラミングスクールです。CoderDojo Japanの元々の発祥国はアイルランドで、2011年でした。現在は世界で約110か国にCoderDojoのスクールがあり、日本には200以上のスクールがあります

学ぶ内容はスクール=道場ごとに異なります。Scratchだけでなく、HTML,やPHP、Pythonなど本格的な言語も学ぶことが出来ます。

場所とスクール数:全国約100教室、海外4拠点もあります。                 (インド、マレーシア、中国、ベトナム)
コースの案内:
1)Roboticsコース
2)Gamesコース
授業料:月額8,000円~9,000円 教室によって異なります。
無料体験コース:実施しています。詳しくは以下をクリックしてください。

Coderdojo 案内、無料体験コースはコチラ!

ロボ団

”子供たちの教育xプログラミング”で、学ぶだけじゃ、つまらない をキャッチフレーズで、
年長・小学生から始めるロボットプログラミング教室です。”好きを学びに 社会とつながる学び”を大切にしています。

場所とスクール数:全国に約100教室あります。
コースの案内:
・スターターコース(年長~小学校2年生)
・ベーシックコース(小学校2年生いこう)
授業料:入学金1万円、スターターコース月11,550円、ベーシックコース月14,490円
無料体験コース:実施しています。以下をアクセスしてください。

ロボ団 案内、無料体験コースはコチラ!

STAR Programing SCHOOL

STAR Programming SCHOOLは、総務省”若年層に対するプログラミング教育の普及推進”事業
2期連続選定されたプログラミングスクールです。

特徴としては、以下の5つがあります。
1)算数・数学に強くなるカリキュラム
2)ジュニアプログラミング検定の準拠教材を使用
3)一人ひとりの個性にあった指導をするためのキッズメンタルコーチ研修
4)子供向けICT教育を提供。タイピングも学習できます。
5)集合学習か個別学習か、選択可能。

場所とスクール数:関東・関西を中心に約90教室あります。
コースの案内+授業料:
・タブレットプログラミングコース(全40回):月7,000円
・Scratchプログラミングコース(個別)(全47回):月8,000円
・Scratchプログラミングコース(集合)(全80回):月11,000円
・ロボットプログラミングコース(全80回):月10,000円
・Webプログラミングコース(全40回):月12,000円
別途入学金6,000円、月会費2,000が必要です。さらにロボットプログラミングコースは別途教材必要。

無料体験コース:実施しています。以下をアクセスしてください。

Star Programming School 案内、無料体験コースはコチラ!

 

F@IT Kids Club

富士通グループの富士通ラーニングメディアが運営している子供向けのプログラミング教室です。
この会社は元々社会人向けIT研修の実績が沢山あり、その実績に基づいて体系だったカリキュラム
が作られています。

場所とスクール数:全国に約40校あります。
コース:Scratch,マインドストーム、Pythonなどレベルによって異なる言語、ツールで学習していきます。
授業料:入学金5,000円、月額15,000円(月2回、テキスト代、教室運営費な含みます)
無料体験コース:実施してます。以下をアクセスしてください。

F@IT Kids Club 案内、無料体験コースはコチラ!

プログラミング教室みらいごとラボ

関東中心にフランチャイズ展開しているプログラミング教室です。

以下の5つのクラスがあります。

Aクラス(思考)
ロボットを使いプログラミング的思考を身につける

Bクラス(思考)
ロボットを使いプログラミング的思考+基礎/センサーを学ぶ

Cクラス(思考)+(知識)
PCを使いプログラミング的思考+PC操作+プログラミング基礎を学ぶ

Dクラス(思考)+(知識)
PCを使いプログラミング的思考+PC操作+プログラミング応用を学ぶ

Eクラス(知識)
JavaScriptでアプリを作る

詳細は以下をアクセスしてみてください。

プログラミング教室みらいごとラボ 案内、無料体験コースはコチラ!

PCN プログラミングクラブネットワーク

”すべてのこどもたちにプログラミングの機械を提供する”というのを理念におく
サークル活動です。こどもパソコン”IchigoJam”シリーズをはじめとして
様々な教材やコンピュータを活用して子供たちにプログラミングを体験する場を提供し、
ICTリテラシーの向上を図るとともにものづくりへの関心を高め、地域人材の育成に寄与
することを目標としています。

PCNは全国に約50のスクールがあります。
なんと外国にも3つスクールがあります。米国シリコンバレーと中国北京とタイに
スクールがあります。

詳しくは以下をご覧ください。

PCN プログラミングネットワーク 案内、無料体験コースはコチラ!

CodeCampKids

CodeCampKidsは元々大人向けにプログラミングのスクールを展開するコードキャンプ株式会社が
小中学生向けに運営しているスクールです。

大きく分けて2つのコースがあります。
1)ロボットプログラミングコース
小学校1年~3年くらいを対象
iPadを用いてScratch Jrというプログラミングツールを使ってプログラミングを
学んだあと、Ozobotや、Spheroなどのプログラミング用ロボットで学びます。

2)Scratchプログラミングコース
小学校3年~中学校3年くらいを対象
ビジュアルプログラミングツールであるScratchを基礎から習得するコースです。
ゲームなども作成します。

詳細は以下をご覧ください。

Codecampkids 案内、無料体験コースはコチラ!

 

Proglab

Proglab(プログラボ)は、小学生~中学生向けプログラミングスクールですが、ユニークなのは、様々な鉄道会社などが運営に関わっていることです。東京などは、地下鉄の会社である東京メトロやJR東日本が運営に関わっています。

関西は阪急電車などが関わっています。以下は阪急電車の中にあったポスターです。

プログラボのスローガンは、”ロボットプログラミング教育を通じて、未来を担う子供達の「夢を実現するチカラ」を育む”ことです。

具体的には、以下3つのことを心がけています。

1)学びに対する喜び・意欲

知識と論理的な思考方法を身につけ、それを実践することで、学ぶ喜びを体感し、意欲的に学ぶ姿勢、問題解決力を養います。

2)視野や興味の幅を広げ、それを深く追求する心

身の回りのさまざまな物事に興味を持つ好奇心と、興味を持った物事に対して深く掘り下げる探究心を育みます。

3)自らの力でやり抜く精神

失敗を恐れず、試行錯誤を重ねることで、主体性と最後までやり抜く力を育てます。

使用している教材

教育版レゴ®マインドストーム®EV3とmicro:bit(マイクロビット)とアルファ・エクスプローラ

を使用しています。

場所とスクール数:全国に約40の学校があります。東京、大阪が特に多いです。
コースの案内:

1)ビギナーコース

年長~小学校2年生までのコースで、レゴ®マインドストーム®を使って、モーター、センサの仕組みやプログラミングの基礎をタブレット端末を使って学んでいきます。

2)スタンダードⅠコース  

                                            小学校1年生~3年生までのコースで、パソコンを使い、マウスの使い方やキーボード入力も学んでいきます。

3)スタンダードⅡコース

                                            小学校3年生以上のコースで、ロボットプログラミング中心に学んでいきます。外部のロボットコンテスト”WRO”への出場なども目指します。

4)アドバンストコース

                                            プログラミングの知識に加えて、クラス内の共同制作なども行うことによりコミュニケーション力も身に付けていきます。
授業料:ビギナーコースとスタンダードⅠコース 月9,800円 スタンダードⅡコースとアドバンストコース 月12,500円
無料体験コース;実施しています。以下をアクセスしてください。

プログラボ無料体験教室申し込みはコチラ!

タイトルとURLをコピーしました